■SQL攻略 - 実行すれば理解できる!

HOME>>正規化攻略マップ>>最後に

最後に

最後に
試験を受ける上では蛇足ですが・・・。

現実のビジネスでは、システムに完全に正規化を行った場合、かえって無駄になるということがあります。例えば、顧客が企業の場合、住所という項目に入るデータがほとんどの企業は一つ、ただしいくつかの企業は複数の住所を持つといった場合(東京、大阪の2本社制など)、繰り返しグループからといって住所テーブルを作ることはありません。

通常は、ほとんどの企業が収まるように住所1、住所2のようにあえて非正規化のままでテーブルにします。常識的に考えて、多くの人が納得できるレベルでの理由があれば、非正規形も許されるのです。ここでは簡単な例をあげましたが、実際には重要な決定になりえるような、非正規化の判断が必要な局面があるのです。

そういったレベルのトレードオフは、システムを購入するユーザ側に決定権があり、毎回異なるわけで、そのための顧客とのコミュニケーションを取れるエンジニアが重宝されるのでしょうね(いわゆる要件定義能力)。そのためには、やはり、技術をおさえるべきで、正規化などは、システム全体に影響するような重要な部分ですので、この解説でより多くの人が、理解してもらえたのならうれしく思います。

あと、情報処理試験に出る正規化は比較的単純ですが、実際のビジネスはもっと複雑です。項目数も本当にありえないと思うほどあることがほとんどです。(しかも一つ一つの項目が難しい。)そのため、データベースの正規化は、顧客業務に通じたエンジニアの仕事であり、この理論を生かすためには長年の経験、継続的な業務の学習が大切だと思います。

<<過去問を解きましょう
http://sql.main.jp by san