■SQL攻略 - 実行すれば理解できる!

HOME>>SQL攻略マップ>>入れ子の問合せ>>IN記述

IN記述

■IN記述
IN記述を使用した入れ子の問合せの学習をします。

IN記述(1)
--基本的なINの使い方
SELECT*
FROMEMP
WHEREDEPTNO IN (10,30)

INを使用すると()に囲まれているものを含むレコードを抽出できます。
上記の例だと、DEPTNO = 10 OR DEPTNO = 30 と同じ意味になります。
否定をする場合はNOT IN のようにINの直前にNOTを付けます。

それでは実習です。

実習
IN記述(2)
--入れ子の問合せでのINの使い方
SELECT*
FROMEMP
WHEREDEPTNO IN (SELECT DEPTNO FROM DEPT WHERE DNAME LIKE '%S%')

入れ子の問合せは、()の中がSQLのSELECT文に変わるだけです。
内側のSQLが実行され(20,30,40)が抽出されIN (20,30,40)が実行されます。

過去問チャレンジ

現在使用中のDBMSが入れ子の問合せに対応していないため、実習はありません。

以上でIN記述は終了です。


<<副問い合わせ EXSISTS記述>>
http://sql.main.jp by san