SQL攻略 - Web上でSQLを実行しながらマスターするサイト
ホーム >> SQL攻略 - レコードの追加 INSERT文

レコードの追加 INSERT文

INSERT文は表に新しい行を追加するときに使用します。

1.値を指定したレコード追加

--INSERT文の構文(1)
INSERT INTO表名 (列名,列名...)
VALUES(値指定,値指定...)

INSERT文を使う場合には、INSERT INTO の後に表名を記載し、その後ろの(カッコ)の中には列名をカンマ区切りで指定します。レコード追加したい値はVALUESの後ろの(カッコ)の中に、値をカンマ区切りで記載します。値が文字列の場合はクォーテーションで囲む必要があります。EMP表に例にINSERT文を記載すると以下のようになります。

INSERT INTOEMP (EMPNO,NAME,JOB,MGR,HIREDATE,SAL,COMM,DEPTNO)
VALUES(9999,'SAN','SALESMAN',7698,1981-09-28,1000,500,10)

表の全項目に値を追加する場合は、列名は省略することが可能で、以下のように記述します。

INSERT INTOEMP
VALUES(9999,'SAN','SALESMAN',7698,2004-06-24,1000,500,10)

一部の項目に値を設定する場合は、以下のように表名の後ろの追加したい値を格納する項目名を記載し、VALUESに追加したい値を記載します。

INSERT INTOEMP (EMPNO,ENAME)
VALUES(9999,'SAN')

2.別表から選択したレコードを追加

--■INSERT文の構文(2)
INSERT INTOEMP_TEMP
SELECT *
FROM EMP
WHERE JOB = 'SALESMAN'

VALUESキーワードの部分をSELECT文に変更することで別表から選択したレコードを、表に追加することが可能です。

これで [ レコードの追加 INSERT文 ] は終了です。