SQL攻略 - Web上でSQLを実行しながらマスターするサイト
ホーム >> SQL攻略 - レコードの削除 DELETE文

レコードの削除 DELETE文

DELETE文は表にあるレコードを削除するときに使用します。

1.DELETE文の使い方

--DELETE文の構文(1)
DELETE FROM表名
WHERE条件

DELETE文を使用する際には、DELETE FROMの後ろに削除対象のレコードが格納されている表名を記載します。削除対象のレコードの条件はWHEREに記載します。DELETE文ではWHERE条件に合致するレコードすべてが削除されます。WHERE条件を記載しない場合は、すべてのレコードが削除されます。

従業員全員のレコードを削除する場合は以下のようになります。

DELETE FROMEMP

EMP表のSMITHさん(従業員番号:7369)のレコードを削除する場合は以下のようになります。

DELETE FROMEMP
WHEREEMPNO = 7369

これで[ レコードの削除 DELETE文 ]は終了です。